ダメ人間のためのヤミ金から夜逃げするための3つのコツ

   2017/08/08   Twitter  0 Facebook  0 はてなブックマーク  0

ダメ人間のためのヤミ金から夜逃げするための3つのコツ

ヤミ金の借金も金利が返済できているうちは、相手も本性を表していないから夜逃げなんて考えないだろうね。

でもヤミ金に手を出した場合、いつかは金利が払えなくなり、そして本当の地獄がそこから始まる。

自宅の周りを大声で騒ぎながら、歩きまわる嫌がらせなんて序章に過ぎないんだよ。

親や親戚に電話され、直接取り立てに行くのもあるだろうけど、それもまだまだ。

ヤミ金の嫌がらせとは


ヤミ金の取り立てが怖くなり、外に出られない場合、ヤミ金業者から意外な悪夢のプレゼントが届く場合もあるんだ。

高級な寿司の出前、それも20人前とか、ピザのデリバリーが来て大量のピザを抱えて配達される。

配達してきた人に注文していないと事情を説明しても、「あーそーですか、じゃあ帰ります」なんて言ってくれる人はいる訳がないのは誰でもわかることだろう。

「何言ってんだよ!こっちだって商売してるんだからよぉ、売り物になんねえんだヨ!金払ってもらわないと帰れないんだよ!」って感じで宅配に来た人からも怒鳴られる。

ヤミ金がエスカレートしてくると


ヤミ金業者の取り立てと言うか、嫌がらせがエスカレートしてくると職場にも毎日何十本と電話がかかるようになる。

本人がいるとかいないとか関係なく、夜中は留守電まで嫌がらせの電話メッセージが入っていることも多々ある。

そして職場にも居づらくなり、仕事も無くしてしまう状況に追い込まれていく。

残念だがヤミ金から夜逃げはできない


こういう状況になって夜逃げを考えても、もう遅いだろうね。

ヤミ金業者も取り立てや嫌がらせに来る奴らは、下っ端の連中だからどっかに逃げられたら下っ端の取り立て屋にもどんな仕打ちが来るのかわからない。

怖い人たちで構成されていれば、幹部の虫の居所が悪ければ、どんな理不尽な仕打ちが来るのかわからないんだ。

ヤミ金業者はとにかく上に対して面子を保とうとするのだが、やっている行為が違法だから、無茶苦茶になってくるのは言うまでも無い。

ヤミ金の幹部は更に上の連中に追い込まれないように取り立て屋を追い込み、取り立て屋は幹部に追い込まれない用にヤミ金の客を追い込む。

借金の利息を返済出来なくなった客に対して、違法行為と知って金を貸しているヤミ金が何をやってくるのかなんてわからない。

少額でもヤミ金からお金を借りてしまったら


自分は少額だからまだ大丈夫なんて思っていると、すぐに雪だるま式に増えることになる。

利息だけ一生払い続けて行くのであれば、ヤミ金業者の取り立て屋も普通にお客さんとして扱ってくれるかもしれないが、利息が滞った時はもう終わる。

そうなる前に、ヤミ金対応の専門家に相談することが重要なんだ。

あなたが地獄を見る前に、ヤミ金による被害が大きくなる前に、まずは専門家に相談することを強く願っています。

僕の友だちにも教えてやりたかった、本当に悔しいんだ。

まとめ


ダメ人間のためのヤミ金から夜逃げするための3つのコツ

  • ヤミ金から夜逃げをするなんて考えないこと
  • ヤミ金に借りた金額が少ないからと油断しないこと
  • 普通の生活がしたいならヤミ金の対応は専門家に相談すること
【相談無料!!】ヤミ金の被害相談は専門家に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。